表札とそれぞれの素材の特徴

  • RSS

表札はただ名前を刻むだけのものだけではなく、表札によって、住む人のイメージがある程度つたわってきます。
出来れば良いイメージを周りに持ってもらいたいですね。そのためには表札の素材が重要になるはずです。
表札の素材はさまざまで、素材によってイメージの付き方も変わるでしょう。
ここでは、表札の素材についてまとめてみました。

「天然木表札」は昔から使われてきた和風で素朴な風合いが人気です。
縦書きで黒字、連名をつけることが多い表札です。。

「天然石表札」は各種天然石素材に名前を彫り込みます。
立派な天然石素材なので苗字のみをダイナミックに書く事が多いようです。
一般的に販売されていることが多いのが御影石の表札ですが、値段は少々高いようです。

「金属製表札」はステンレス・銅合金・アルミなどの金属素材を利用したものです。
金属独特の個性があって、おしゃれです。
人と違った表札にしたい方におすすめです。

「ガラス製表札」は透明感のあるガラスをサンドブラスト加工した、とてもおしゃれなタイプの表札素材です。
見た目にもさわやかでクリアなイメージが広がります。

「セラミック製表札」は洋風の家に合うイメージがあります。
色合いも、デザインもたくさんありますが、素朴な温かみも感じらて人気が高い表札なのではないかと思います。

「人工大理石表札」は丈夫で軽量な素材です。
この素材は人工大理石なので、色や形、デザインなどの加工が簡単にできます。
表情ゆたかな表札に仕上がるので人気が高いです。

「光る表札」はバックライト等、電気などの仕掛けがしてあり、
夜になるとライトがついて明るくなるタイプの表札です。これによって、夜でも訪問者が間違わずにすみますね。

表札は素材だけでなく、形または文字の書体や配置次第で、種類が無限に増えていきます。
数ある表札のなかから、自分の家のデザインや雰囲気に合った表札を選びたいですね。

このページの先頭へ