ライフスタイルに合わせた表札の取り付け方

  • RSS

表札を取り付ける際、持ち家か賃貸等で取り付け方法を変える必要があります。

持ち家などで、取り外ししない場合は、落下しないようにしっかりと固定させる必要があります。
ご新築や、門柱などの作成段階で、表札を埋め込みで取り付けしてもらうと、デザインに一体感が出せます。

また、転勤や賃貸などで、今後移動の予定がある場合は、取り外しできるものにする必要があります。
表札によって、接着剤でとりつける以外にも、クギ穴加工や、チェーンを取り付けられるものもあるそうです。
いずれの方法にしても、表札・取り付け面ともに傷を付けることなく取り外しを行いたいですね。
最近は、家の材質や接着剤も多様化し、表札を接着させる方法も様々となりました。
そのため、取り付け面の様子や、気候などの環境によって最適な取り付け方法が変わってきます。
お家と表札にあった最適な接着剤を選ぶ必要がありますね。

表札の取付は、簡単そうに思えますが、真っ直ぐに、落ちないように取り付けるには、少しコツがいります。
また、表札は意外と重さがありますので、取付の材料は、
普通の接着剤や両面テープでは落ちてしまう恐れがあり、
また、落とすと割れたり欠けたりするので、取り付けの際は注意が必要です。
もし自分で取り付けする自信がなければ、便利屋さん等で、
取り付けを請け負ってくれるところがあるので、相談してみるのも良いですね。

このページの先頭へ